専業主婦でお金がほしいならこれしかない!

専業主婦では自由になるお金の工面も大変です。

とくに子供が小さければパートに出るのも簡単ではありません。

ですが小刻みな空き時間にテレビを見てすごすだけではもったいない気がしてしまいます。

ここでは専業主婦のいろいろな副業チャレンジ体験談を紹介します。

特殊な技術がなくてもすぐできる仕事は意外にあるものですよ。

 

スキマ時間でテータ入力

外で働くのは2人目が生まれてからと思ったので、1人目の子が小さい頃に副業を探し始めました。

インターネットで在宅の仕事を探し、音声ソフト開発会社のデータ入力やデータ分析をSOHOでやっていました。

簡単な研修を受けた後は特にスキルもいらず、在宅で空いた時間にコツコツやるという感じです。

が、締切前は子どもの相手を充分にしてやれなかったと思います。

収入は平均すると月に2,3万でしたが、お小遣い程度にはちょうど良かったです。

 

暇つぶしを兼ねてポイントサイト

夫の収入だけではなかなか厳しい生活をしていました。

なので、自分でも少しは稼がなければと思って、メルカリを始めました。

不用品の整理も兼ねていたので、一石二鳥かなと思っていました。

しかし、なかなか最初は売れなくて、足しになるほどではなかったのですが細々と続けていました。並行して、ポイントサイトに登録して月数千円ですがポイントを稼ぎつつ、家事の合間でできることを続けました。

外に働きにいくより楽だし、片手間にできるので続けることができ、収入にはなりませんが意外と暇つぶしにはなっています。

 

勉強からはじめてクラウドソーシング

第二子を妊娠中に仕事を退職、それと同時に1歳半の子供も保育園を退所することになりました。

それを機に在宅ワークについて調べるようになりました。

内職の求人がないか役場にも行きました。

すると、クラウドソーシングの講習会があると紹介され講習を受けることにしました。

講習では、在宅ワークのノウハウやパソコンのExcelやWordなどの使い方を勉強することができました。

講習終了後は自分でクラウドワークスに登録しました。

初めはアンケート案外からスタートしました。

それから簡単なデータ入力や営業メール送信代行や商品購入代行を主にやりました。

収入は1番多くて1万円でした。実際、やってみるとあんなに頑張ったのにこれだけかと思うことがあります。

しかし、地道にコツコツ頑張ればスキルも身に付付くので、今では簡単なライティング案件もできるようになりました。

 

昆布巻きの内職

昆布巻きの内職をしていました。

小さい子どもがいたので、外で働くのは無理だったため、少しでも、生活の足しにできるかなとおもい始めました。

この仕事は、新聞のチラシにはいっていて見つけました。

収入は1ヶ月五千円ほどでした。

昆布巻きをしていて単価が一円でやすいわりには、作業はかなり複雑で時間がかかります。

肩もこりますし部屋も臭くなりますし、あまりオススメする内職ではないなとわたしは思いました。

 

クラウドソーシングで簡単案件から

お小遣い稼ぎになにか副業がしたいと思いました。

ほしいメイク用品や服などがあっても自分のお金じゃないと思うとなかなか自由に買えなくて我慢することが多かったので、私にもできることが何かないかなとネットで探しました。

ネットで現在使っているクラウドソーシングにすぐにたどり着きました。

あまり時間も取れないので、簡単なすぐ終わる仕事ばかり引き受けています。

安いけど気楽にはじめられるので慣れるまでは簡単作業がおすすめです。

最初はアンケートなどの単価の低めのものから、現在は簡単なライティングをさせていただいてます。

まだまだ初心者ですがそれでも月に2000円程度は稼ぐことができます。

これからもっと頑張って自由に使えるお金を手に入れたいと思います。

 

ママ友が集まりわいわい内職

子どもが小学生になったら仕事をしたいと思っていたけど、1年目にPTA役員になってしまい、役員の忙しさがわからなかったため、1年間は様子見で内職をしました。

先にやっていた友達の紹介です。

よかった点は、家ではなくアパートの一室に集まって喋りながらできること、時間や日数の融通がきくことでした。

内容は大葉の結束とパック詰めです。

同じ大きさの大葉を10枚で一束にして茎をゴムで縛ります。

この一束で4円。10束をパックに詰めたら45円。

みんなでおしゃべりしながらできるとはいえ、私は4時間が限界でした。

肩もこるし、同じ作業の繰り返しで飽きてくるし。4時間やって、調子がよければ15パック。

いつもそんなにできるとは限らないので、1日500円〜700円ぐらいでした。週に2〜3日行って、月に5,000円前後の収入でした。

空き時間でできるのはよかったけど、労力の割にはお金にならない。内職だから仕方ないんですかね。

 

好きなアニメの感想を書いて記事制作

趣味であるアニメや漫画についての作品紹介や感想、特に面白い点などをつらつら書いていくという記事作成案件を行ったことがあります。

好きな音楽やラジオを聞きながらご機嫌に好きな知識を広げて書いていくだけなので、作業自体が楽しく行えました。

それで後からお金ももらえるので美味しい体験だと想います。

その作品のことを思い出しては懐かしい気持ちにもなってよかったです。

出来が良かったと、相手からお褒めの言葉をもらうとすごくうれしいです。

 

餃子を包んで家族旅行の資金ゲット

家族旅行に行きたくて内職を始めました。

内職期間は1年間。10万円働きました。

自宅の近くに中華料理店があるのですが奥さんに頼まれて餃子、春巻作りをしていました。

お店で用意された具を包んでいくだけという簡単な作業でした。

1日各250個ずつ包みお店に届けるという仕事内容です。

異物が入らない様に気を付け見た目も綺麗に仕上げる。

肩こりや腰痛に悩まされましたがお店の奥さんが誉めてくれたり酢豚や焼売などお土産をくれるので家計も助かりました。

もうお店は閉店してしまいましたがまた同じ内職をしたいです。

 

フリマとポイントサイトで気軽に小遣い稼ぎ

結婚を機に専業主婦になりました。

我が家はお小遣い制ではなく、毎月食費を夫から預かってやりくりするので、自分の自由に使えるお金がほしいと思い、副業を始めました。

始めはテレビCMで見かけたフリマアプリに登録しました。

商品によっては売れても手数料と送料で、手元に残る金額がほとんどなかったり、売れない品をいつまでも自宅に保管しなければならなかったり、デメリットもあるなとやってみて初めてわかりました。

その後はフリマアプリと並行して、ポイントサイトにいくつか登録しました。

隙間時間にコツコツできるので、今は全部で月5千円から1万円程度のお小遣い稼ぎになっています。

金額としては少ないですが、遠慮なく自分のために使えるお金があることは心の余裕にもつながっています。

 

まとめ

やはり内職や短期のパートが人気のようですね。

インターネットのおかげで在宅ワークの幅も広がっています。

家事育児の合間に手をつけやすい仕事も増えています。

気軽に簡単なものから始めてみてくださいね。

 

体験談
専業主婦でお金がほしい人が読むブログ