専業主婦が稼ぐ方法はいろいろ

専業主婦では稼ぐ方法も限られてしまいます。

勤めに出ることが難しければ定職にはなかなかつけませんよね。

しかし今ではお金を稼ぐ方法も多様化しています。

在宅でできるものや特技を生かせるもの、スキマ時間を有効利用できる仕事もたくさんあります。

ここでは働きに出れない専業主婦の副業経験のお話をお送りします。

どんな仕事があるのか、参考にしてくださいね。

 

得意の文章を書いてWEBライターに

結婚後は夫の扶養に入って飲食業のパートで働いてきました。

しかし、年齢も40を超えた頃から、体力を使う飲食業の仕事がきつくなってきたのです。

40代後半に勤めていた職場が閉鎖したのを最後に、専業主婦の道を選択しました。

しかしながら、専業主婦としてずっと家にいる生活は、何か物足りないものを感じました。

そこで、体力を使わない仕事である在宅ワークを始めたのです。

文章を書くのが比較的得意だったこともあり、コラムなどを執筆して納品するwebライターの仕事を選びました。

登録先はネットで信頼のおけそうなサイトを探しました。

登録してすぐの頃は、ライティングマニュアルを習得するのに時間がかかったため、1カ月1万円くらいしか稼げなかったのを覚えています。

それでも、書くたびに知識が広がるライターの仕事は自分にぴったり合っていると感じています。

今では月に5万円くらいの収入になっています。

 

メルカリでハンドメイド商品を販売

メルカリを利用して不要品を売却したり、趣味のハンドメイド作品を売ったりしています。

私は断捨離が好きで、服などもすぐに新しいものが欲しくなるので服がどんどん溜まってしまいます。

店頭の買取店では、服一枚数十円でしか売れませんが、メルカリではある程度のブランドや状態の良いものだと1000円以上で売れることが多く、積み重なればかなりの収入になります。

また、私は趣味でアクセサリーや布小物を作るのですが、試しに販売してみたところ、喜んで購入してくれる方がいてとても嬉しい気分になりました。

まだ副業レベルとは言えませんが、時間あるがあるときにちょこちょこ作成して販売しています。

 

スキマ時間でアンケートサイトでコツコツ

結婚を機に仕事を辞めて専業主婦になったものの、暇だったのでネットで「専業主婦 在宅ワーク」とかで検索をして、簡単そうだったマクロミルを始めました。

マクロミルはいわゆるアンケートサイトです。

色々なアンケートが出されるので、それに回答しマクロミル内でポイントを貯めます。

マクロミル内で貯めたポイントは、Tポイントや現金などにかえることができます。

私の場合、月の収入は2000~3000円くらいです。

金額的には微々たるものかも知れませんが、毎日のほんの隙間時間ですることができ、とても簡単なのでちょっとしたお小遣い稼ぎにはもってこいだと思います。

 

人気案件を逃さず在宅ワーク

妊娠していた時にクラウドワークスとランサーズの両方をしていました。

どちらも同じような感じで簡単な質問に回答していくと2-10円、商品モニターでは100-500円で募集していたのでその中から自分に出来そうな仕事を探してやっていました。

私の場合は切迫早産で1日自宅安静だったので暇な時間が多く、そのような時にはずっとやっていたので1ヶ月で3万円ほど稼ぐことが出来ました。

たまに高額で簡単なタスクが出てくるのでそれを狙うと簡単に溜まっていきましたが、そのようなタスクは人気なので張り付いて見ている時もありました。

自分の空いている時間に出来るのでお小遣い稼ぎにはピッタリでした。

 

片付けを兼ねて不用品転売

私は過去にあるサイトで不用品の売却をしていました。

きっかけは、産休。バリバリ働いていた私にとって、家に長くある時間が長いのはとっても退屈でなにかをしないといてもたってもいられなかったからです。

そんなとき、テレビで不用品を売ろうというCMを見てから、自分の整理整頓の意味でも試しにやってみようという軽い気持ちから行いました。

サイトでの不用品の売却はとっても簡単です!

いらないものを写真で撮り、どれくらいに購入しどれくらい使用したかという細かい情報を記載します。

そして最後に値段設定。売れたら売上の一部がサイトの利益というわけです。誰でもできる簡単な作業に、ひたすら出品していました笑

頑張ったときで月3万円の収入を得ていました。

服や化粧品、グッズや生活用品などあらゆる物を売りましたが、自分のいらないものがお金になって、さらに部屋も片付いていく感覚がとってもたまらなく快感でした!笑”

 

元職を生かして一日講義

産休中で自宅で過ごす時間が多い時期でした。

子どもも小さく長い時間は外で働くことが出来ない状態でした。

少しでも家計の足しになれば良いなと思いネットや友だちに何かないか声をかけていました。

ある日、友だちから手伝ってと言われた仕事が福祉用具に関する講義をして欲しいとのことでした。

元々リハビリテーション関係の仕事をしていたので福祉用具は得意でした。

1日(9時から17時)の講義を担当しました。

1日で12000円でした。

パワーポイントでスライドを作成し10人程度に対して講義をしました。

スライド作りは大変でしたが楽しく出来ました。

 

まとめ

仕事の難易度とお給料のバランスを考えるとパートの出るほうが簡単です。

しかし時間や場所に縛られない仕事に魅力を感じる主婦も多いです。

今では様々な仕事をあらゆる場所で募集しています。

探せばアナタにぴったりの案件も必ず見つかりますよ。

 

体験談
専業主婦でお金がほしい人が読むブログ

コメント